「ニコライ二世生誕150周年、及び没後100周年記念式典」報告記

「ニコライ二世生誕150周年、及び没後100周年記念式典」報告記

2018-07-19 0 投稿者: mobakago

2018年度は、鹿児島とご縁の深いニコライ二世の生誕150周年、及び没後100周年にあたる節目の年。島津忠義公とニコライ二世の深き友情の絆を重んじ、ロシアとの民間交流を続けている「薩露交流促進協議会」では、式典実行委員会の皆さんを中心に、7月16日(月祝)に、「ニコライ二世記念式典」を実施。
より一層の両国の平和発展と更なる未来志向的友好交流を願って、ゆかりの地、この鹿児島にて、3部構成にての式典開催となりました。
ゲストには、ロシア大使館を代表してセルゲーフ・ミハイル総領事をお迎えしました。
それから特別ゲストとして、平成天皇皇后両陛下の元式部官長 苅田 吉夫さまもご列席。総領事は、1891年ニコライ皇太子来日時の随行艦艦長の末裔にあたられ、当日ご参加の寺田緑さま(ニコライ2世来鹿時の鹿児島ハリストス教会初代司祭高屋仲神父さま末裔)との歴史的対面も実現!!当時の高屋仲神父さまの日記と、ニコライ2世謁見の際の祝詞等の貴重な資料もご持参くださり、感嘆の声が広がっていました。
加えて、鹿児島県立短期大学准教授の望月正道さまから、ニコライ記念碑資料のご紹介と冊子のご提供もありました。
参加者の皆様もタイムスリップして、当時を偲び、ニコライ二世来鹿時の鹿児島について語らう「ニコライ二世記念式典」にふさわしいメモリアルイベントとなりました。
その他、ロシアからの勲章授与式、苅田さまの恩師との感動的再会などドラマチックな演出もあり、参加者の皆さまも共に楽しんでいただけたのではと思います。
ご参加、及びご協力者の皆様には、心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
式典概要参考分:
■第一部:式典(10時半~11時)鹿児島ハリストス正教会にて
代表者挨拶 /司祭による永眠者記録リティヤ / イコン献上式
総領事より参加者へ記念バッジお手渡し
■第二部: ニコラス殿下来鹿記念碑での献花式
場所:露国皇太子ニコラス殿下来鹿記念碑(探勝園から城山自然遊歩道先の山手)
11時半から献花式
■第三部: 薩露交流懇親会 SHIROYAMA HOTEL Kagoshimaにて
12時半から ガーデンレストラン ホルトにて実施